採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

法人コンサルティングのメリット

投稿日:


こんにちは
コンサルビジネスプロデューサーの加藤です。

今回は法人向けのコンサルビジネスを
持つメリットについてお伝えしますね。

ぼくが提唱している
『参謀型コンサルビジネス』
は参謀型と名前がついているとおり、法人向けです。

もちろん個人向け、BtoCのビジネスモデルも
とても良いと思います。

ただ、ぼく個人としては
コンサルビジネスをする場合、
その柱として法人向けのビジネスモデルは
持っておいて損はないと思っています。

その理由は安定性です。
安定性という観点では
法人コンサルティングが一番です。

法人のコンサルティングは難しい、と
敬遠してしまう気持ちもわかりますが
法人コンサルティングという柱を一つ持てれば
あなたの事業の安定性は大きく変わります。

極端な話、BtoCの1年分の収益を
法人なら2~3か月で上げることができます。
これはとても大事なポイントです。

しかも、法人向けコンサルティングは
個人向けよりはるかに長期の契約が可能です。

では、法人コンサルティングを始めるために
何をするべきかというと……

最初にお伝えしたいことは
新しいスキルを学んだりする必要はない
ということです。

そして、やるべきことは
No.1のポジションをとることです。
法人のお客さんの心に刺さる言葉をつくると
言ってもいいかもしれません。

ぼくの経験を踏まえてお伝えすると、
No.1ポジションを取ろうとするなら
その表現をしっかり固める必要があります。

自分流の言葉、自分の定義ではこうだ、と
と言い切れるものを持ちましょう。

こういった”自分の言葉”があると
“あたり”が強くなりますし、
伝える言葉にも「圧」がうまれます。
そして、お客さんはこの「圧」に反応して
「お願いします!」といってくれます。

もし、100人の見込客候補がいたとして
100人に反応してもらう必要はありません。
2~3人に反応してもらえれば
ビジネスとして十分成り立ちます。

そのためにもコンサルタントが使う言葉は
こだわりぬいてほしいと思います。

しっかりNo.1ポジションを取れれば
新しいスキルがなくとも
法人コンサルティングはできるということです。

ぼくが主催している
『参謀型コンサルビジネス構築講座』でも
個人向けコンサルから法人向けコンサルへ
転身した人がいます。

この人がやったことは
No.1ポジションをとって言葉を尖らせただけです。
新しいスキルを学んだりする必要はないんです。

そして、この人は法人コンサルになったことで
単価も大きく上がっています。
契約も1年契約なので安定性もあがっています。

既にBtoCコンサルティングをしている方、
あるいはこれから法人向けのコンサルティングを
はじめようとしている方は参考にしてみてください。

投稿者:K'sパートナー株式会社

7日間メールセミナー