採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

経営コンサルタントの『ストーリー』のつくり方

投稿日:

こんにちは
コンサルビジネスプロデューサーの加藤です。

ぼくは
経営コンサルタントには『ストーリー』と
『伝える力』が重要!
とよくお伝えしています。

『伝える力』はコンサルタントが
お客さんに影響力を与える源泉です。
お客さんから
「この先生はすごそうだな」
「ぜひお願いします!」
と言ってもらうためには、
No.1のポジションを取って、
それをお客さんの心の琴線に響く
“とがった言葉”で伝える必要があります。

では、この”とがった言葉”をつくろうと思ったら
どうすればいいでしょうか?

ひとつの方法として、
まず資格などを横に置いてみてはいかがでしょうか。

資格はお客さんの信頼につながる反面、
どうしても他のライバルと切り口が似てきてしまいます。
切り口が似ているということは
価格勝負になりやすく、高額化の要素としては
弱い可能性があります。

だから、いったん資格がないと仮定して
お客さんにあなたのことをどうやって伝えるかを
考えてみてください。

経営者、ビジネス家、起業家としてのあなたが
どんなストーリーを語り、
お客さんの心を動かすことができるでしょうか?

あなたのストーリーでお客さんの心を動かし
契約をした後で、実は〇〇の資格も持っているんです
と言えば、お客さんの信頼はさらに高まります。

この『ストーリー』と『伝える力』は
高額&長期契約を結ぶための重要なポイントです。

なぜなら、お客さん側からみれば
『ストーリー』を語るあなたは
数いる専門家のなかでも異色の存在にうつります。

当然興味もわきますし、
他の誰も語っていない”とがった言葉”には
一定数のお客さんが反応してくれます。
興味を持ってくれたお客さんに対して
セミナーにお誘いするなど関係性を築いていくのです。

ただ、これは簡単なことではありません。
自分の言葉で語るのは恐怖がつきまといます。
でも、その言葉に自信と責任をもって伝えるからこそ
No.1ポジションになるし、お客さんもついてきます。

たとえば
「ぼくは福岡でNo.1の〇〇の専門家である
 経営コンサルタントです。なぜなら……」
と言えれば、それがプロフィールになるし、
資格だけでは伝わらないストーリーになります。

これがあるのとないのとでは
お客さんの反応も与えられる影響力もずいぶん変わってきますので、
ぜひ自分の『ストーリー』をつくってみてください。

投稿者:K'sパートナー株式会社

7日間メールセミナー