採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

判断基準の明確化

投稿日:

こんにちは
コンサルビジネスプロデューサーの加藤です。

イヤー今週はほんとに、寒いですね(^^♪

昨日、名古屋駅手前を新幹線で通ったら景色が違いましたよ!

とにかく、体調管理には気をつけましょうね。

免疫を下げない!徹底しましょう。

さて、僕が企業さんと関わる時のテーマは、

内部体制の最適化

というテーマで関わっています。

それは、外部に目を向けるよりも、

内部に目を向けて、

収益性を最大化する方が圧倒的に

投資対効果があると考えているからです。

内部に目を向けるといっても、

企業のノウハウや商品力

顧客数や顧客との関係性

自社の人員配置やモチベーション

沢山ありますから、どこから手を付けていくかは

企業さんの状況によって変わってくると思うんです。

その中で

最も重要な要素としては、

自社の

判断基準の明確化

と、いうのが凄く大事だと考えています。

判断基準の明確化・・・・

簡単に言えば、

自社商品の拘り

自社サービス提供のプロセス

自社が得意とする市場・顧客属性

が挙げられます。

それぞれの考え方で良いのですが、、

判断基準が明確でない企業

判断基準が明確化されている企業企業

では

明らかに「業績の差」が生まれると考えます。

特に、

自社が得意とする市場、顧客属性

を明確にしていることは

組織内部へも浸透度が早いので、業績アップも簡単に実現できますよ!

何でもいいから売ってこい。

誰でもいいから安くても売ってこい。

では、

お話になりません!

さて、そんな話を踏まえて、

僕ら、士業・コンサルタントの

専門家の皆さんはどうでしょうか?

僕は、

士業・コンサルタントの

専門家・先生と呼ばれている人にも

関わる機会が多いです。

そういった専門家と関わるテーマも、

勿論、、

内部体制の最適化

です。

特に、

判断基準の明確化

専門家においても、

自分が得意とする

市場、顧客属性をはっきりさせることは、

とても、重要だと考えます。

専門家に関して更に踏み込むと、

関わる相手が明確になっているか?

です。

更に、

誰と関わることで力を発揮できるのか?

とも言えるでしょう。

自分の明確な判断軸が無ければ、

安定したビジネスモデルは手に入りません。

あなたに、スタッフさんが

いるのであれば尚更です。

拡大を追い続けても、スタッフさんは

疲弊するだけです。

その状態ではポジティブにもなれません。

きっと、

やらされ感が蔓延することになるでしょう。

僕達のビジネスは、

安定して長期にわたり、

高額報酬を得ることが

一つのテーマになります。

理由は簡単です。

低単価で大量の顧客と関わるよりも、

高額、高単価で少数顧客と関わった方が

家族や大切な人との時間が確保できるからです。
(ここは僕のチョー拘りポイント)

これは、あくまで僕の拘りですが

とても大切な考え方だと思っています。

自分・スタッフさんが必死に働いているのに、

低収益では報われませんよm(__)m

だからこそ、

関わる相手が明確になっているか?

誰と関わることで力を発揮できるのか?

はっきりしておく必要があります。

ここが無い状態で、

将来の夢を語ってもどうなんでしょうかね?

現場はそれで、納得して動きますかね?

僕は、それでは、動かない気がします。

そろそろ、2020年も終わりに近づいてきましたよ(^^♪

2021年スタートと同時に、

関わる相手が明確になっているか?

誰と関わることで力を発揮できるのか?

そんなことを

考えるきっかけにしてみてください(^^♪

この時期は僕らにとって、未来を考える最高の時間となりますね(^^♪

それでは!

投稿者:K'sパートナー株式会社

7日間メールセミナー