採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

相手への興味と関心を高める事から始めよう!

投稿日:

こんにちは

コンサルビジネスプロデューサーの加藤です。

すっかり寒くなってきましたね。

寒さの苦手な僕は着込んでいても寒いです…

さて、先日は仲間の税理士さんと一緒に、

お客様へ提案に行ってきました。

非常に楽しい場でしたよ(^^♪

提案する場って楽しくないですか?

だって、カタチのないテーマを

共有したり

ときに反論されたり

納得してもらったり…

こういったドラマが必ず起こるから。

多くの専門家は

・提案するのが苦手

・お金の話をしたくない

・NOやNGと言われるのが辛い

といった苦手意識を持っていると僕は感じています。

確かに、それはそうでしょうね…

だって、専門家とは言え、

カタチのないテーマを人に伝えるって大変ですから。

で、そういう人に限って、

必死に説明するパターンに陥りがち(^^;

説明って

一方的だし、聞いてる方も段々つらくなってきませんか?

結果、空気が重くなるという…

さらには、早口になって、焦って、

みたいな悪循環

僕も経験あります。(これ、本当つらい)

だから、

“提案する場”

というものを、

自分から 楽しい場 にしていく必要がありますよね(^^♪

そのためにはまず“提案する場”それ自体に

しっかり定義付けしておきましょう。

僕は、

“相手の「問題解決したい」という意欲を引き上げる場”

と定義付けしています。

どうですか?(^^♪

こう定義付けると、

こちらサイドの説明・解説は

極端な話、ほぼゼロでもいいくらい必要ないんですよね。

いかに、目の前の相手の

問題解決したい!

問題解決は必要だ!

という意欲を掻き立てられるか?

ここが勝負だと考えています。

その為には、

1.どんな質問がいいかな?

2.過去の背景は何かな?

3.何が困っている本質なのかな?

しっかり聞いていきたいですよね。

とにかく、相手に興味を持たないといけません。

相手の背景を無視して、

自分のコンテンツを必死に説明したところで

もう皆さん結果はわかるはず。

目の前の相手に関心を持つ。

これが何より大事!

質問するのが苦手…

よくわかります。

でもですよ、

あなたに高額報酬を払う可能性のある人

は僕達を斜めから見てるんです。

それは当然のことだと思いませんか?

だから、こちらもそこを汲み取った上で、

相手を知る。

徹底的に興味を持つ。

そうすれば、本音をドンドン引き出して、

本質のテーマや問題の原因を見つけられますよ。

よく、コンサルタントの人達が、

問題を発見し、その原因を深く追求する・・・

という話は書籍なんかで読んだことある通りです。

その秘訣は、相手に興味・関心をもつことですよ。

僕はそうやって

・初めて会った人

・ビジネスの話をする人

に対して

徹底的に興味・関心を持って接します。

そしたら、

問題解決って30分位で終わるような気がするんですよね。

その秘訣はまた、

ブログで書きますね。

それでは!

投稿者:K'sパートナー株式会社

7日間メールセミナー