採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

当たり負けしないコンサルタントの軸

投稿日:

こんにちは
コンサルビジネスプロデューサーの加藤です。

コンサルタントと名乗るのであれば、
まず一つ、これだけは外さないでほしいということがあります。

それは、お客さんに当たり負けしないこと。

当然のように思うかもしれませんが、
お客さんに当たり負けしている人は少なくありません。

たとえば、お客さんの経歴を聞いて、
「かなわないな」と思っていたりしたら
いつまでたってもポジションは取れません。

この意味ではコンサルタントは
お客さんに当たり負けしない軸を持っていないと
いけなないのです。

そのためには、自分は誰と関わりたいか、
誰がお客さんであれば力を発揮できるかを
はっきり定めておく必要があります。

力が発揮できるということは
イコール成果を出せるということ。

だからこそ、高単価を提案できるし、
リスクリバーサルもできます。

誰だったら力を発揮できるかの軸が決まらないうちに
コンテンツをつくって、コンサルティングフィーは
年間100万円です、200万円ですといったとしても
それはただのスペックです。

コンサルタントはそう思っていなかったとしても、
お客さんはそう評価します。
一度スペックで評価されてしまうと、
大手のコンサルティングファームなどとの勝負になってしまい
結果的に負けてしまいます。

だから、コンサルタントには絶対にこの属性の人には
当たり負けしないという軸が必要です。

絶対に当たり負けしない属性の人に
自分が磨き上げてきたコンテンツを提供する。
これがコンサルタントの最低条件だと思います。

買ってきたノウハウやコンテンツだけでは
うまく契約が取れない理由もここにあります。
買ってきたものは、言ってしまえば
上っ面に絵の具を塗っただけです。
本当の意味で自分のものになっていないので
うまく力を発揮できない。

コンテンツを買ってきてうまくいく人は
もともと力がある人であることがほとんどです。

これからコンサルティングをやりたい、
あるいはもっと高額の契約を取りたい人は
コンテンツやノウハウを買ったりする前に
コンサルティングの『型』を整えることが先決だと思います。

『型』に沿って自分のポジションや
力を発揮できるお客さんといった軸を決めれば
あとはコンテンツを自分の過去の経験から掘り起こすだけです。

力を発揮できる相手が決まり、
成果を出せるコンテンツがそろえば
お客さんに当たり負けしなくなります。

お客さんに当たり負けしなくなれば、
自信をもって高いフィーも提示できます。

コンサル契約の高額化や
コンサルタントへの転身を考えている方向けに
『参謀型コンサルビジネス構築講座』を開催しています。

セミナーでは、どのように『型』を整えるのかといった
全体像をお伝えしています。

お客さんに対して圧倒的な存在のコンサルタントを
目指すのであれば、ぜひ聞いてみてください。

投稿者:K'sパートナー株式会社

7日間メールセミナー