採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

コアを明確にすればビジネスは伸びる

投稿日:

こんにちは
コンサルビジネスプロデューサーの加藤です。

コンサルティングの業界に長くいて思うことは
みんなコンテンツやノウハウといった武器を欲しがるということです。

もちろん、コンテンツは大切です。

でも、お客さんはその素晴らしい技術だとかをわかっていないのです。
さらに言ってしまえば、わかろうともしてくれません。

お客さんがわかっていないのに、すごいコンテンツを
前面に出しても伝わらないですよね?

では、どうすればお客さんに気付いてもらえるかというと、
やっぱりあなたの立ち位置やキャリアといった
「あなたのコア」を明確にすることです。

ひとつひとつは大きくなくても、コアとなるものを集め、
積み上げた先に大きなインパクトがうまれます。

ここを見逃して、はやりものだけ取り入れてもうまく売れません。
コンテンツだけ前に出してもお客さんは気付いてくれないからです。

逆に、流行りものではなく、あなたのなかにあるコアを
しっかり把握し、小さな差を集めた人はやはり強いです。

これはコンサルタントだけでなく、中小企業診断士や税理士、
あるいは社会保険労務士といった士業の人でも同じで、
自分の立ち位置をちゃんとわかって、届けるべき相手を
見定めた人は、お客さんに与えられる影響力が格段に高いです。

お客さんと面談しても自信があるし、相手からふらつかされない。
ゲームをコントロールできているんです。

実はこれは参謀型コンサルビジネスのキモでもあり、
いかに1対1、1対多に影響力を与えるかってすごく大事です。

では、お客さんに影響力を与えるにはどうすればよいかというと、
対面のコンサル力です。
お客さんの頭のなかを整理してあげる、あるいは整えてあげる。
これができる人は間違いなく強いです。

でも、これは自分の属性や立ち位置、影響力を与えられる人の属性を
わかっていないとできません。
ここがわかっている人はビジネスをバリバリやるタイプでなくても
ほぼ間違いなく仕事になります。

参謀型コンサルビジネス構築講座でも、
自分のコア、力を発揮できる場所がわかった瞬間に
モチベーションが上がり、自信もついたという事例があります。

例えば士業の人が「私はIT業界の労働問題のプロです」といったら
労働問題に困っている経営者の人がみんな来てしまいます。

これはマーケティングとしては正しいのですが、
同時に自分が影響力を発揮できない属性の人も来てしまいます。

例えば、本当は社員のためになる就業規則を作りたいのに、
お客さんからは就業規則で会社が守られる仕組みにしたいという
依頼をされたりといった感じです。

だから教科書通りのマーケティングにプラスして
自分が力を発揮できるお客さんを、言い方は悪いですが
仕分けていかないといけません。

これができると、自分が影響力を与えられる、
コアとなる能力を活かせるお客さんが増えていきますので
ぜひためしてみてくださいね。

投稿者:K'sパートナー株式会社

7日間メールセミナー