採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

高額受注獲得セミナーをリニューアル開催しました

投稿日:

先日、高額受注獲得セミナーを開催しました。
参加していただいた方からはすごく好評で
「関係性構築の必要性を実感しました」
「高額受注のために必要なものはノウハウではないことがわかった」
といった感想をいただきました。

無意識のうちにコンテンツに注力してきたという方が
多かったですね。

 

実は今回、講座をつくるにあたってぼくも反省したことがあります。
それは、ぼく自身もかつてコンテンツに
注力してきたことがあるのですが、
それ以上に「オリジナル感」を出そうとしてきたことがありました。

でも、今回の講座ではそれは極力排しています。
メンターとなった人の言葉や教えなどはそのままお伝えしているんです。
なぜ、ぼくがこんなことをしているかわかりますでしょうか?

実はこれこそが遠藤先生の言う『知の系譜』だからなんです。

ぼくのお伝えすることはオリジナルの知識ではなく、ちゃんと教えてくれた人がいて
それを愚直に実践してきた結果、今のぼくがあります。
もちろん、そこにはぼくの知識や経験もプラスされているのですが、
ベースはメンターとなる先生から教えてもらったものであり、
それを包み隠さずお伝えしているのです。
(この方が実は信頼できます)

 

そして、ここだけの話ですが、この『知の系譜』には裏話があります。
ぼくは昨年7月にある講座のセミナー講師としてデビューしました。
その結果はどうだったと思います?

実は全然契約が取れませんでした。
それどころか、セミナーはかなり不評だったようです。

お客さんとの関係性ができていないのに
講座のなかで売り込みをしてみたり、
講座の内容そのものが「知の系譜」になっておらず、
「オレ感」を全面に出したものだったので売れなくて当然だったのですが。

当時はなぜ売れないかすごく悩みました。
今にして思えば、いわゆる「産みの苦しみ」だったのですが、
その時は本当に悩みました。

そんなとき「じゃあ、誰だったら教わりたいか?」
「ぼく自身は誰に教わってきたのか」を考え直したときに
遠藤先生に教わった『知の系譜』のことを思い出しました。

そこで、まずはいったん素直になって、
僕が受け取ったものをしっかり伝えようと思ってセミナーをすると
だんだん売れてくるようになりました。
今回開催した高額受注セミナーの成約率もかなり高いです。

まわりからは「そうは見えない」と言われますが、
ぼくにとってこの1年は大きな谷と山があったし、
遠藤先生の教えの正しさを再確認した年でした。

その1年かけてリニューアルした「高額受注セミナー」を
10月から開催しています。
来年からはもっと本格的に開催していこうと思っていますので
もし興味がある方がいらっしゃれば、ぜひお声がけください。

投稿者:加藤 寛之

7日間メールセミナー