採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

コンサルタントの成長ステップ

投稿日:

 

前回、コンサルタントは問題解決が最優先という
話をしましたね。

今日はもうちょっと突っ込んで、
その先にあるコンサルタントが目指すべきことについて
お伝えしようと思います。

ぼくが今まで見てきた、
いわゆる稼げているコンサルタントさんが
備えている条件ってどんなことだと思います?

 

あくまでぼくの私見ですが、

 

① コンサルタント兼経営者
② 個人のコンサルティング以外に実業を行っている(マーケティングを駆使)
③ 組織化

 

この3つを備えているコンサルタントは強いですし、
実際、稼げていますね。

③については会社の規模・経験にもよりますが、
①と②を実現しているコンサルタントは凄腕ぞろいです。

話を聞いても説得力と雰囲気がまるで違います。

 

こういうコンサルタントのところには
多くのクライアントが集まります。

どんなコンサルタントも最初は一人です。
そこから成長・発展した先に①と②のような展開を
行えるかどうかは、コンサルティング事業の
分岐点と言えるんじゃないかなと思います。

では、このようなコンサルタントになるには
どうすればよいでしょうか?

 

ぼくはまず1000万円を稼げるようになることが
重要だと思っています。

自分である程度稼げるようになった後は
そのノウハウを体系化する、または他の人を
プロデュースするなどしてコンサルティングを
多角化していきます。
ここまでできたら次は組織化です。

とはいえ、
「この段階に至るまでが大変なんだ」
という声はよく聞きます。

 

そこで今回と次回の記事で
ぼくが独立した当初から活用し、
今も使っているノウハウをお伝えします。

そのノウハウとは
「カウンセリングセールス」です。

コンサルタントを目指す以上、
顧客獲得力がなければビジネスが成立しません。

特にコンサルタントになりたての頃は
顧客獲得力が一番の課題になるはずです。

でも、実は集客はビジネスでも一番難しく、
コストもかかる分野です。
(集客=マーケティングというとカッコいい感じはしますが、
ビジネスである以上、優先度をつけないといけません)

もちろん最低限の集客は必要ですが、
必要以上に集客に力を入れてはいけないんです。

そして、その少ない見込み客から確実に成約するノウハウが
「カウンセリングセールス」です。

特に起業初期は目の前にいる潜在顧客に
いかにクライアントになってもらうか(=買ってもらうか)、
そして、既存顧客からは何度も買ってもらう仕組みを
つくることが最優先事項です。

そのためのセールスの仕組みを
次回の記事でお伝えしますね。

投稿者:K'sパートナー株式会社

7日間メールセミナー