採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

【第39回 4つの言語化 焦点距離を合わせる】

投稿日:

 

こんにちは。経営コンサルタントの加藤です。

 

ルールは破られますね(^^♪
作ることは目的はありません。

 

さて、僕は企業さんと関わる上で
大切にしている、
テーマに

『内部体制の最適化』

というのがあります。

 

最適化とは、
与えられた制約条件(経営資源)の下で
ある目的(経営目標)を
最大若しくは最小にすることですね。

 

常に新しい何かを求めるよりも、
今ある、既存の資産・リソースを上手く活用し、
磨き上げていくプロセスがとても大切だと感じます。

 

既存の組織
既存の商品・サービス
既存のお客様
既存の経営資源

を上手く活用できているか?

 

究極までに最適化できれば、
事業収益の改善は進むと考えています。

 

そうやって、僕は2012年独立以降、
企業さんと関わってきました。

 

新しいテーマがNO
という訳ではありませんが、

 

やるべき優先度がありますよ。
ということです。

 

既存のリソースを引上げられないのに、
新しいものを導入するって
何かピンとこないですしね(^^♪

 

だからこそ、『内部体制の最適化』

というアプローチが効果的なのです。

 

焦点距離が合っていない。
会社・企業の中では
よくありえますよね。

 

焦点距離が合っていないから、
認識不足がおこる。
当然、ピンボケアドバイスにもなる。

 

ズレって怖いですよね(^^♪
小さなうちは気づかない・・・
ドンドン積み上がると大きな問題になる!

 

なので、
経営目標・営業目標・開発目標
にしても、認識の共有は必須です。

 

焦点距離が合わないと
ぼやけます。

 

何となくだったりしますから、
認識不足になる。

 

だから、言った・言わない。
指示した・指示が悪い。
なんて結果になるわけです。

 

こういう状態は、
お互いにストレスですよね(^^♪
オンライン会議でそれが発生したら、
尚辛い・・・

 

なので、焦点距離を合わせるには
お互いに認識を共有する。

 

そのためには、言語化が
必要でしょうね(^^♪

 

だってそもそも、言葉の定義が
不足していれば、認識はあっていません。

 

だから、
ドンドン距離が取れない
感じになります。

 

そうならないための、
言語化です。

 

まずは、
目的を言語化
です。

 

そもそもの目的は何なのか?
正解・不正解ではなく。
一般論もどうでもいい。

 

そもそもの目的を何にするのか?
何の為の取り組みなのか?

 

ここをしっかり言語化する。

 

そして、次は、
ゴールの言語化ですよね。
当たり前か(^^♪

 

でも、ゴールが不明確。
言語化不足。って多いですよ。

 

当然、具体的な方が良いですから、
数を盛り込むなども必要です(^^♪

 

で、次は、
現状の言語化ですね(^^♪
それも当たり前。

 

今、置かれている
状況を正しく整理します。

 

以外と、現実を見れていない
人はいますから、
ここも要注意ですよね(^^♪

 

ここまできたら、次に
プロセスの言語化です。

 

物事を進める手順にズレがある、
認識の共有不足があると、
非生産的であり、無駄が生じます。

 

特に複数のメンバーと取り組むときは
ここができていないと、
全くバラバラに進み出します(-_-;)

 

ここが明確化されて初めて、Go!
ですよね(^^♪
そして、進捗会議・進捗報告が
行われるわけです。

 

会議内容が不十分、会議のやり方を
変えたい。という方もいますが、
そもそも、4つの言語化不足が大半です(-_-;)

 

・目的の言語化
・ゴールの言語化
・現状の言語化
・プロセスの言語化

 

ここにズレがないか、
チェックしてみると
よいです(^^♪

 

お分かりだと思いますが、
・ゴールの言語化
・現状の言語化
・プロセスの言語化

 

が明確化されていても、
目的がずれていたら、結果はでませんよね(^^♪

 

でないというよりも、結果には満足できない。
という表現が正しいかもしれません。

 

・プロセスの言語化

 

が明確化されていても、
その他がバラバラでは何も生まれない。

 

時間の無駄に終わってしまいます。

 

そう。とても簡単なんです。
誰が考えても、当たり前です。
しかし、見落としがちです。

 

普通に考えれば、わかること。
でも、
理に適っていない。

 

そのことに時間をかけている
パターンが多いのです。

 

しかもそれが、原因で
落ち込んだり、悩んだり・・・
必要ないでしょう(^^♪

 

だって、当たり前のことを
やっていないだけなんですから(^^♪

 

難しく考えずに、
4つの言語化をチェックしてみる。

 

ズレがあれば、直す・整える。
これを業務に当てはめていけば、
解決するのでは(^^♪

 

それでは、本日はここまです(^^)/
次回も楽しみにしておいてください。

投稿者:加藤 寛之

7日間メールセミナー