採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

【第32回 企業の非学校化を実現】

投稿日:

 

こんにちは。

経営コンサルタントの加藤です。

 

やっぱり、自分達で決めていく!
そのプロセスを作り出すって大切(^^)/

 

さて、僕は企業さんと関わる上で
大切にしている、
テーマに

『内部体制の最適化』

というのがあります。

 

最適化とは、
与えられた制約条件(経営資源)の下で
ある目的(経営目標)を
最大若しくは最小にすることですね。

 

常に新しい何かを求めるよりも、
今ある、既存の資産・リソースを上手く活用し、
磨き上げていくプロセスがとても大切だと感じます。

 

既存の組織
既存の商品・サービス
既存のお客様
既存の経営資源

を上手く活用できているか?

 

究極までに最適化できれば、
事業収益の改善は進むと考えています。

 

そうやって、僕は2012年独立以降、
企業さんと関わってきました。

 

新しいテーマがNO
という訳ではありませんが、

 

やるべき優先度がありますよ。
ということです。

 

既存のリソースを引上げられないのに、
新しいものを導入するって
何かピンとこないですしね(^^♪

だからこそ、『内部体制の最適化』

というアプローチが効果的なのです。

 

僕は学生時代から、学校と呼ばれる
ものにいい思い出がありません(-_-;)

 

なんでしょうかね。
あの、全員を同じ枠組にはめようとする
感じ・・・

 

↑僕にはそう見えたというお話です(^^)/

 

点数の高い人が張り出され、評価される。
点数の低い人は張り出され、評価される。
今の時代は、張り出しはないですかね(^^♪

 

枠組に無理やりはめ込まれ、
点数で評価される。
イヤー苦しかったですね(^^♪

 

早く大人になりたかったわけです!

 

で、大人になると、
お仕事をするようになり、
会社に勤めたりしました。

 

一応、30歳までは会社務めというのを
やってみました。

 

今は、コンサルタントという関わり方で
会社さんに訪問して、社員さんたちと
色々と話をしています。

 

で、思う事・・・

 

企業って学校みたいですね!

 

価値観や理念を共有したりは
理解できまずが・・・

 

成績の良いひと・頑張っている人は評される。
成績の悪いひと・頑張っていない人は評価されない。

 

それはそうなんでしょうが・・・

 

中には、頑張っていないと思われている人が
間違った評価を受けているパターン
がありますよね(-_-;)

 

客観的にみたら、いい感じなんですが、
社内評価が低いというやつです!

 

確かに一つの物差しで判断するわけですから、
そういう人は出てきます。
それは構造的には理解でます(^^)/

 

でも、心情的には
企業も学校と一緒だな(^^)/

 

と、昔の嫌な記憶が戻ってきます(-_-;)
と、同時に、腹も立ってくるわけです(^^)/
何なんでしょうかね?

 

ぼくは企業に対して、学校の側面が
映ると、嫌な気分になってしまいます。

 

もう少し、別の物差し用意しなよ!
もう少し、別の見方があるでしょ!
もう少し、角度変えたら成果でるでしょ!
もう少し、違う反応したら相手喜ぶよ!

 

と思ってしまいます。

 

だから、本心は、

 

話を聞け!
もっと関われ!
人の話を無視するな!

 

と言いたい感じです(^^)/
(大人気ないですが)

 

でも、真面目な話。
企業の非学校化って
大事だと思います。

 

出来る人を評価する。
それはOK。

 

足を引っ張る人を評価しない。
それもOK。

でも、
頑張っていないと思われている人、、、
ここは注意が必要です。

 

ホントにそうでしょうか?
見方を変えれば貢献している。
見方を変えれば、貢献はしっかりできる。

 

そうやって見方を変えないと
人材はドンドン流出します。

 

決まった枠組みの中に無理やりいれても
苦しい人はいます!

 

そこは見方を変えて、
できることにフォーカスをあてて、
活躍の場を作ってあげましょう。

 

そうやって考えれば、まだ、
既存の人材をフル活用できていません。

 

まだまだ、できます。
適材適所をスローガンに掲げるなら
真面目に取り組みましょ(^^)/

 

本気でそういう時期に入ってますよ!
続きは来週、しっかり詰めましょう!

 

それでは、本日はここまです(^^)/
次回も楽しみにしておいてください。

投稿者:加藤 寛之

7日間メールセミナー