採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

【第29回】肩身の狭せを払拭 安定経営にむけて

投稿日:

こんにちは。

経営コンサルタントの加藤です。

 

無事でよかった(^^♪
穏やかな日々に感謝(^^♪

 

さて、僕は企業さんと関わる上で
大切にしている、
テーマに

 

『内部体制の最適化』

というのがあります。

 

最適化とは、
与えられた制約条件(経営資源)の下で
ある目的(経営目標)を
最大若しくは最小にすることですね。

 

常に新しい何かを求めるよりも、
今ある、既存の資産・リソースを上手く活用し、
磨き上げていくプロセスがとても大切だと感じます。

 

既存の組織
既存の商品・サービス
既存のお客様
既存の経営資源

を上手く活用できているか?

 

究極までに最適化できれば、
事業収益の改善は進むと考えています。

 

そうやって、僕は2012年独立以降、
企業さんと関わってきました。

 

新しいテーマがNO
という訳ではありませんが、

 

やるべき優先度がありますよ。
ということです。

 

既存のリソースを引上げられないのに、
新しいものを導入するって
何かピンとこないですしね(^^♪

 

だからこそ、『内部体制の最適化』

というアプローチが効果的なのです。

 

僕は、
顧客との関係性強化の具体化
ってとても大好きなんです。

 

顧客といっても、
既存顧客が前提です。

 

はじめまして。
僕は、こんな人間です。

 

みたいなやり取りって
すごくストレスじゃないですか。

 

僕は中々、そこには到達しません(-_-;)

 

それより、
知っている人
関係性がある人

 

と繰り返し関わることが
凄く好きなんです。

 

だから、関わる企業さんにも
既存顧客との関係性強化
は必須だと。

 

常々、お伝えしています。

 

知っている人
関係性がある人
ですから、緊張もしません(^^♪

 

突然、嫌な態度を取られる
可能性も低いでしょう(^^♪

 

こちらが提供した情報に対して、
腹を立てる可能性も限りなく
低いです(^^♪

 

そうそう。
要は、受け入れてくれるわけです。

 

ここポイントです。

 

会社の中には、自分たちの仕事を
受け入れてもらえていない。
認めてくれない。

 

と、感じている人は結構います。

 

業務内容もそうですが、
子供を迎えにいくので、残業できない人たち
もなんとなく、居心地が悪いといいますか(-_-;)

 

なんだか、組織や会社という枠組みの中にいると、
自分だけ申し訳ない・・・
みたいな感情って持つわけですよね。

 

何にも悪くないのに・・・

 

ドンドン肩身が狭くなっている・・・

 

そういう人たちにもってこいの業務が、
既存顧客との関係性強化
なんです。

 

FAXで案内したり、手紙を書いたり、
相手からは
確実に受け入れてくれます!

 

時には話を聞いてあげて・・
相手を理解してあげれば、
商品の改善ヒントを貰えるかもしれない。

 

お客さんだって、サービス購入をした
自分自身を否定したくなから、
もっとよくなるためなら、協力をしてくれる。

 

なんなら、追加商品を購入してくれる。
他の顧客を紹介してくれる。

 

いいことばかりです。

 

そうやって既存顧客をフォローすることを
仕組み化していきます。

・年間販売促進企画
・情報配信タイミング
・理解度アップタイミング

等の年間計画をしっかり作って
実施していきます。

 

こういった業務を、
営業担当者さんにはさせません。

 

あくまで、肩身が狭く、何となく
居心地の悪さを感じている人に任せます。

 

会社でいえば、営業事務さんとかでしょうか(^^♪
間接部門という属性かもしれません。

 

そういう人たちに業務を増やすことなく、
既存客との関係性強化を
実施してもらいます。

 

相手は自分を受け入れてくれる
可能性が高い、人です。

 

だから、何の不安もない。
しかも、役に立てている実感を持てる。

 

そしたら、肩身が狭い思いからも
払拭できるかも。

 

大きな視点でいえば、
「人材流出」を止めることに
なるかもしれません。

 

人が定着すれば、土台ができます。
土台ができれば、経営は安定する。

 

先行きが見えない、この時代こそ
土台を見直す。

 

まずはそこからでしょう(^^♪

 

それでは、本日はここまです(^^)/

次回も楽しみにしておいてください。

投稿者:加藤 寛之

7日間メールセミナー