採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

【第22回】事業再構築のプロセス

投稿日:

こんにちは。

経営コンサルタントの加藤です。

一気に仕事モードです(^^♪

今月も最後まで走り切りましょう!

さて、

僕は企業さんと関わる上で

大切にしている、

テーマに

『内部体制の最適化』

というのがあります。

最適化とは、

与えられた制約条件(経営資源)の下で

ある目的(経営目標)を

最大若しくは最小にすることですね。

常に新しい何かを求めるよりも、

今ある、既存の資産・リソースを上手く活用し、

磨き上げていくプロセスがとても大切だと感じます。

既存の組織

既存の商品・サービス

既存のお客様

既存の経営資源

を上手く活用できているか?究極までに最適化できれば、

事業収益の改善は進むと考えています。

というか、僕は15年以上、そうやって企業さんと関わってきました。

新しいテーマがNO

という訳ではありませんが、

やるべき優先度がありますよ。ということです。

既存のリソースを引上げられないのに、

新しいものを導入するって何かピンとこないですしね(^^♪

だからこそ、「内部体制の最適化」

というアプローチが効果的なのです。

さて、

「内部体制の最適化」

を進める上では、

①既存客(リソース)からの追加収益

②プロセスの細分化

➂部門別管理体制の構築

を同時に進めていくことがポイントになります。

どこかを切り取って展開するというよりも、

全ては繋がっている状態で

組織を整備していくことが大切です。

そして、その大前提になるのが、(前回も書きましたが・・・)

「事業」というものをどういう構造で捉えるか?

というのがとても、重要なのです。

正しく、「事業」を捉えるのであれば、

①「事業」とは

「自分が儲ける為の手段」

→儲かりそうな話を探す(^^)/

②「事業」とは

「誰かに何らかの価値を提供してその対価を受け取る行為」

→ 相手のニーズを知ろうとする(^^)/

➂「事業」とは

「自分が関わりたい人達に関わる為のツール」

→自分が関わりたい人はどんな人なのかを明確にしようとする(^^)/

が、あると思う訳です。

①は論外ですから(^^)/

②or➂になりますよね・・・

では、進め方のプロセスとしては、

やはり、➂が最初にきますよね。

そもそも、「事業」として展開している以上は、

自分達が誰と関わりたいのか?

その客層・顧客属性・要素をしっかり

洗いだしておくことが、

「事業」のスタートだと感じます。

事業部・部門単位でOKなので、ひとり1人が

どの客層・顧客属性・関わりたい要素を洗い出し

且つ、

自分達が大切している価値観や共通の意識みたいなものを

言語化すれば尚更いいと思います。

あたり前の話ですが、

自分達が関わりたくない人=力を発揮できません。

となれば、関わりたい人=力を発揮できる人となります。

力を発揮出来れば、パフォーマンスは高まりますから

成果としても大きなモノになるでしょう。

このプロセスの細分化は積み上げていくと、

②の要素に入っていきます。

関わりたい人が持っているニーズは何か?

を明確にするアプローチです。

自分達が関わりたい人ですから(^^)/

ニーズを探るのも楽しいと思います。

ニーズの深堀が甘いのは、もしかしたら関わりたくない人

とビジネスを展開している可能性は大ですよね。

それを、お金の為・売上の為だかと割り切っても長続きしませんよね。
(というか、その前に、パフォーマンスは低下します)

だからこそ、

自分達が関わりたい

客層・顧客属性・要素を洗い出し⇒見える化⇒仲間と共有
                       
のプロセスを始めてみてください。

必ず、自分達が力を発揮できる相手=ターゲットが明確になります。

そこから、

自分達が大切している価値観や共通の意識⇒言語化⇒見える化⇒仲間と共有

のプロセスも始めてみてください。

そうすると、

自分達の新たな仲間になるべき希望採用者

ペルソナ人材も明確になってきます。

 

これは本当に効果抜群ですよ(^^)/

採用を誰かに任せるのではなく、

自分達と同じ要素を持った人材を意図的に集めることによって

採用→定着率は高まります。

 

それはそうです!

 

言語化が難しい共有要素を洗い出し、

その要素を特定して採用募集する訳ですから。
(間違っても、スキル・技能だけで採用した人材よりも定着率は全く違います)

そうやって、これからの時代は、

「事業」を展開する中で

力を発揮できる相手を明確にした上で、

顧客獲得のプロセスを設計し、

共通の要素をもった仲間を探して定着させる為の、

採用人材獲得のプロセスを設計する。

ここを同時に構築していくことが

重要になりそうですね~

そんな訳で、

今日は、ある企業のプロジェクトで

進めている希望採用者=ペルソナ人材

の結果をプレゼンする日です(^^)/

 

20名の営業社員からヒアリングした

非言語化要素を

言語化してみました(^^)/

どんな反応になるのか?楽しみです。

それでは、本日はここまです(^^)/

次回も楽しみにしておいてください。

 

投稿者:加藤 寛之

内部体制最適化社内勉強会