採用・育成・経常利益改善 K'sパートナー株式会社

年収1000万年までならマーケティングはいらない

投稿日:

 

士業、あるいはコンサルタントなどの
先生ビジネスをしている方にとって大事なこととは何でしょうか?

ぼくの師匠である濱田先生は
「1000万円の報酬を得るのにマーケティング・集客はいらない」
とおっしゃっています。

 

濱田先生は1000万円の報酬を得るために必要なことは

①問題解決力
②ビジネスモデル
③自分のポジションの明確化

であり、この3つをしっかりやれば、
年収1000万円に届くということです。

 

しかし、実際は多くの人が
マーケティングや集客に走ってしまっています。

ポジショニングが明確なようで明確になっていなかったり、
あるいは集客やジョイントベンチャーばかりやってしまったりしています。

ほかにも問題解決スキルがないにもかかわらず
専門分野に溺れてしまっている例もよく見ます。
ここでいう問題解決能力とは専門分野のスキルと
イコールではありません。
(問題解決スキルの詳細はこちら)

 

こういったケースでは、せっかく専門スキルが高いのに
機会損失を起こしてしまっています。
問題解決スキルをしっかり磨けば、
年収1000万円くらいは届きます

だからこそ、ぼくが濱田先生から教わったことを
知の系譜として広めていきたいと思っています。

 

まず、あなたにひとつ確認したいことがあります。
あなたはビジネスで多数の人を相手に目立ちたいでしょうか?
それとも静かに、確実に1対1のビジネスを進めていきたいでしょうか?
(ちなみに、ぼくの周りのコンサルタントや
士業の方はほとんど確実にビジネスを進めたい方ばかりでした)

僕もお客さんと1対1の関係を大事にしながら、
静かに、そして確実に成長させたいタイプです。

この1対1の関係性を築く、コンサルタントタイプのビジネスは
どちらかというと「継続型」のビジネスです。

これに対して、1対多のビジネスは「拡張型」です。
一気に拡げる、瞬発力が求められるビジネスモデルです。

 

正直なところ、1対多のビジネスはかなり難しいスキルです。
東京や大阪などでよく見る講座は1対多型がほとんどです。
いきなりこれらの講座をまねてビジネスモデルを構築するのは
難易度が高くなりがちです。

士業やコンサルタントビジネスを安定させようとするなら、
まず1対1の関係性を築くところから始めるべきです。

1対多のビジネスモデルを目指すなら
1対1の関係性を築くビジネスモデルが確立できた後でも
遅くはありません。
(最初から1対多のビジネスモデルを目指すと失敗します)

濱田先生もおっしゃっていましたが、
この1対1の関係を築き、確実に成約に結びつけるスキルがあれば
年収1000万円くらいならマーケティングなしで届きます。
まずは1対1のビジネスモデルで1000万円、2000万円を
目指してみてくださいね。

投稿者:加藤 寛之

7日間メールセミナー