タクシーの中で聞いたトップセールスの威力

投稿日:

 

先日、タクシーでの移動中、

運転手さんからこんな話を聞きました。

 

有名な製菓会社(某有名会社)が70億をかけて、

本社移転をするとか。(運転手さんの話)

 

地元でも有名な企業であり、

金額には驚くところではありますが

それよりもその会社の姿勢が凄いようです。

 

商品を納入するコンビニエンスストアの

開業オープン時は社長自らが店舗に出向き、

挨拶廻りを実施されているようです。

 

そして、コンビニが停電した際は必ず、

ドライアイスを無償で持参し、

他メーカー商品と合わせて

商品が傷まないように、保存してくれるようです。

 

更に、日々の商品納入の際も時間厳守で、

納入時間前の到着を徹底させているようです。

 

地元最大手の企業だからこそできることのか?

それとも基本を徹底しているからこそ、

大手企業へと成長しているのか?

 

ここにも、成長している企業のヒントが隠されていますね。

 

社長の営業力即ち、トップセールスは最強です。

影響度、顧客への不安の解消含め、

全てにおいて効果は抜群です。

 

特に小さな企業の場合は

社長自身に売上=セールスは依存されます。

 

その依存度を上手く活用すべきです。

価値ある存在、価値ある影響力を発揮させ

契約率、収益性を高める為には

トップセールスをお勧めします。

 

小さな会社が小手先のテクニックを磨いても

売上への影響は少ないです。

 

高確率で、高い収益を維持する為には

トップセールスです。

 

顧客から取引を継続してもらう、

何度も商品を買って貰う関係作りに

最適なコンテンツは社長自身です。

 

是非、トップセールスの影響力と

その効果を検証してみましょう。

(マネジメント等はその後で十分です)

 

そして、その社長の存在があるからこそ、

無償サービスや時間厳守といった行動がより光るのです。

(更に価値を高める事になります)

 

一見、当たり前のことにしか映らなくても、

トップセールスが効いているだけで、

他よりも素晴らしく見える事はよくあるでしょう。

 

ここを利用しない手はありません。

そもそも、サービス・商品だけで

差別化が出来るほど甘くありません。

むしろ不可能に近いでしょう。

 

だからこそ、トップセールス(社長)の存在で

価値を高めるのです。

小さな会社の社長の営業とは

自社の商品・サービス力を高める事に繋がるのです。

 

だからこそ、トップセールスは必ず必要なのです。

自社の商品・サービスに磨きをかける

最期の手段と考えても間違いありません。

 

実際に我々、コンサル業はここが肝です。

社長=コンサル=トップセールス=影響力=信頼へ繋げるのです。

 

是非、あなたの会社でも

トップセールスの活用について客観的に見直してみてください。

 

 

投稿者:加藤 寛之

7日間メールセミナー

  • 7日間メールセミナー
  • 志クリエイト

バックナンバー