失敗から学ぶもの

投稿日:

こんにちは

K’sパートナーの荒木孝仁です。

 

先日、クライアント企業の社員研修の場で

このような失敗事例がありました。

「ある商品を誤発注してしまい、捌ききれない。

現在仕方なく割引販売を行っているのですが、

なかなか売れなくて困っています。」

 

これを聞いて私が真っ先に思い出したのは「球根ガチャ」です。

 

「球根ガチャ」をご存知の方も多いと思いますが、簡単に紹介します。

 

ある企業で訳ありチューリップの球根を

100球1380円(消費税・送料込み)で販売したところ、

ツイッターで話題となり注文が殺到、

50万球を完売したしたという事例です。

 

この会社は毎年、オランダからチューリップの球根を

輸入販売しているのですが、

輸送中に荷崩れで異なる品種の球根がごちゃ混ぜになると、

廃棄ロスにせざるを得ないそうです。

 

ところが、あるとき事故で廃棄ロスが50万球という

膨大な数量になってしまったため、困り果ててしまいました。

一時はボーナスが球根現物支給という状況に

陥りかけたそうなのですが、ある女性社員が

「何が咲くかは分からないチューリップの球根」として

販売してみてはどうかと提案し、ダメもとで販売した所、

TVにも取り上げられ大きな話題になったのです。

 

非常に面白い事例ですが、話題になったポイントとして

① 困っている現状を荷崩れの写真付きで素直に伝えた事

② 何が出るか分からない「球根ガチャ」というネーミングセンス

③ 多数の反応に対してツイッターで返信を続けた対応の良さ

④ 破格の処分価格で販売した

が挙げられます。

 

思いがけない反響の良さでメディアにも

取り上げられていました。

 

この会社の担当者によると、破格の処分価格で販売したため、

損失は出ているものの、販促費だと思えば十分過ぎる程の効果がありました。

とのこと。

 

毎年このような事故は起こるそうですが、

毎年、球根ガチャを楽しみにしているお客様も出来て、

これからは廃棄ロスにせずに済むのではないでしょうか。

 

 

さて、社員研修の場に話を戻すと「~困っています」の発言に対し、

他の社員から

「その商品はうちでは良く売れるんだから、言ってくれれば良かったのに」

「ただ割引するのは勿体無い。他の商品と一緒に販売すれば良いのに」

「本当にその商品が好きな人にまとめて買ってもらう事も出来る」

など多数のアドバイスの声が上がりました。

 

社員研修の場で学んだ事を実践に移し、実践から更に学ぶため、

毎回、新たなチャレンジ行動計画を立ててもらいますが、

新たなチャレンジであるため、多少計画立案に時間がかかります。

 

しかしながら、仲間の失敗事例に対してはあっと言う間に

多数のアドバイスの声が上がるのです。

 

「失敗は成功の母」

「ピンチはチャンス」

 

失敗を失敗にしない実践や失敗からの学び。

 

正にこれこそが教育なのだと教えられます。

投稿者:荒木 孝仁

お問い合わせはこちら

  • メルマガ登録はこちら
  • 顧客が「思わず買いたくなる」営業メソッドセミナー
  • 志クリエイト

バックナンバー